Kiduku

学習机の選び方

大事な勉強する場所であり、
自分のすきなものを集めた秘密基地のような居場所にもなります。

初めてだとどんなものを選べばいいかわからない……
と悩みがちな学習デスクの選び方についてご紹介します。

学習デスクのタイプ

平机 平机 平机

棚などが無く、一番シンプルなデザインです。このタイプは上棚などが無いので、リビングやダイニングにおいてもすっきりとした印象になり、リビング学習に最適です。 学習机の横にシェルフを追加すると収納にも困りません。
また、大人になっても使いやすいのはこのデザイン。学年が上がると教科書がたくさん必要な時期ほどの収納スペースは必要ないので、出来るだけコンパクトなスペースで作業をするための机として使いやすいタイプです。

組み換えタイプ 組み換えタイプ 組み換えタイプ

机に教科書を収納する書棚や上棚がセットになっているデザインです。組み替えられるタイプは書棚と机をL字型に組んだり、机の隣に書棚を置くなど、お部屋のスペースや使いたい形に自由に配置できます。
こども部屋でしっかり収納しながら使ってもらいたい!という方におすすめです。
学習机以外に収納スペースをとりにくいお部屋でも便利に使えます。


2台並べて使えるタイプ 2台並べて使えるタイプ 2台並べて使えるタイプ

書棚を共有にして、おそろいのデスクで兄弟姉妹のいるご家庭で使えるデザインです。親子で並んで使うのもいいですね。
デスクを並べると、勉強以外でも一緒に遊ぶことも出来ます。それぞれのお部屋が出来たときに単独で使えるデザインだと便利です。また、同じデザインのデスクにするとお部屋に統一感が生まれます。

学習机はどこで使う?

学習机はどこで使う?

学習机はどこで使う?

近年ではこども部屋だけではなく、リビング・ダイニングルームで
お母さんやお父さんの近くで勉強するスタイルも増えてきています。
どこでデスクを使うのかによって、どのようなデザインにするのか、
どのくらいのサイズ感を選ぶのかなど変わってきます。

低学年のうちは特にお母さんやお父さんの近くで勉強して生活の一環として「勉強する習慣づくり」をすると良いといわれています。ダイニングテーブルで勉強するのではなく、自分の学習机で勉強することで、勉強モードに切り替えられるようになります。リビング・ダイニングは使える空間が限られるので奥行きもコンパクトなサイズがおすすめです。また、シンプルなデザインを選ぶと家族の共有スペースにもなじみやすいです。

しっかりと自分のための部屋がある場合は少し大きめで教科書を広げやすい学習机のサイズがオススメ。組み換えられるタイプのデザインであれば気分転換にお部屋の雰囲気を簡単に変えることも出できます。

3.木材の材質と塗装について 3.木材の材質と塗装について 3.木材の材質と塗装について

  • 他の木材よりも比較的柔らかめ。濃いめの紅褐色をした色と主張しすぎない木目はどのインテリアにも合わせやすい万能さを持ち合わせています。

  • どんぐりの木としても知られている木で、耐久性に優れた丈夫な木材です。虎斑(とらふ)とも呼ばれる虎柄のような木目が特徴です。

  • 節の多さと優しいカラーの木肌が特徴。使えば使うほど、表面がカラメルのような茶色に変化するのが楽しめます。

塗装について 塗装について 塗装について

kidukuの商品にはオイル塗装の商品とウレタン塗装の商品があります。

木の良さをそのままに仕上げるオイル塗装。
天然木に自然のオイルを染みこませて木肌を守ります。
学習机は手に触れる機会が多いので
手触りの良さを感じられる オイル塗装はおすすめです。
塗れたものを長時間置くことによって「しみ」が付いたり、
急な乾燥などにより「ひび」や「反り」ができることがあります。

天然素材である以上、湿気を吸って天板がすこし反ってしまうこともあります。
ウレタン塗装には、反りを軽減させ、
天板の割れを防いでくれる効果があります。
さわり心地はオイル塗装に比べるとつるっとした肌触りで、
日ごろのお手入れも簡単です。

  • 高学年になるにつれ教科書などのものが増えていくと思うので、棚など収納力のある学習机を選びたいですね。 出来れば、上の子(姉)がいるので姉妹仲良く隣に並べて使うことができるデスクを選びたいと思っています。

  • うちの子はこだわりが強いので本人の気に入った勉強机を選んであげると長く使ってもらえるんじゃないかと思っています。
    勉強机は最初に自分で選ぶ高価なお買い物。しっかり子供と一緒に選びたいと思います。

  • 上の子は棚など収納が多いタイプの机を使っているんですけど、ぬいぐるみやおもちゃなどの物置となっています(笑)。 下の子には背の低いタイプのものが良いかなと思っています。あと、机だけじゃなく椅子にもこだわりたいですね。

  • そうですね。我が家もちゃんと勉強に集中できる環境づくりをしてあげたいと思っているので、大人になっても使えるシンプルな学習デスクを探したいです。

生活スタイルやお部屋の間取りによって、
学習デスクの選び方は様々。

学習環境や家族の時間をイメージしながら
お子さんにぴったりな学習デスクを見つけましょう!